お客様と企業を結びつけるコールセンタソリューション

〜保守コールセンタ編〜

顧客満足度にはコールセンタは必要です。

  近年、景気低迷の傾向著しく顧客とのコンタクト機会の拡大が強く望まれています。
  しかし、大きな設備投資や人員増、広告宣伝費の投入は困難なことから、電話を使った営業活動や既存顧客の的確なフォローを行い顧客満足度を確保できるコールセンタが必要になってきています。

給与支払いの多様化、バリエーションが求められています。

  コールセンタは、大きく分類すると@障害や製品質問に対応する保守・問合せのサポートセンタ、A商品受注受付業務を行う受注センタ、B電話を掛けて売込みなどの営業活動を行うアウトバウンドセンタに分類できます。
  一般的には地域に対応して分散している受注活動を統合して受注業務の効率化を図ったり、拠点ごとに分散しているサポートを統合してサポート品質を上げたり、クレーム情報の分析により商品の改善などを行うことで企業イメーシを゙向上させています。

コールセンター構築に必要な技術は多様です。

  コールセンタソリューションの特徴は、電話交換機、CTI、コンピュータ、ネットワークと複数の専門分野の技術の組み合わせで構成され幅広い知識と技術が要求されるところにあります。
  弊社はそれらの技術を総合的に活用できる人材をベースにコールセンタ構築を行えるところに最大の特徴があります。

事例

全国に分散するサポートサービスを関東のセンターに統合しました。
<<戻る

Copyright©2003-2016 NETWORK APPLICATION ENGINEERING LABORATORIES, LTD. All Rights Reserved.